​難燃毛布 受注生産の導入事例

 「大阪府立少年自然の家」キャンプ施設にて私たちの工場の難燃毛布が納品されました。その際の事例をご紹介します!

 宿泊施設では難燃性能を持った毛布が求められます。また、キャンプ場は山の中にあるため冬場は特に冷え込みます。利用者からの暖かい毛布の要望も強く、高品質でリーズナブルな毛布を求め、私たちの工場へご依頼いただきました。

 

 無地(生成), プリント柄, オーロラ柄の3種類から選ぶことが可能ですが、「自然の家」様はプリント柄を選択されました。自然の家のオリジナルキャラクターを毛布になされたかった様です。プリント柄毛布は140×200のアクリル毛布の場合、最大10色まで使用可能ですが、「自然の家」毛布は2色使用しています。

​ また、オプションで毛布の柄以外にもオリジナルのネームや刺繍選ぶことが出来ます。「自然の家」ネームが入ったこの世で出回っていないオリジナルの毛布ができあがりました。

​ 難燃毛布は宿泊施設以外にも、介護施設や公共施設にも求められるようになっています。私たちの工場は日本製である強みを生かし、カネカロンの高品質綿を使用しています。​

 日本製の高品質な毛布が良い, オリジナルの毛布が欲しいと考えていらっしゃる団体様、ご連絡お待ちいたしております。卸売り価格でお見積りさせて頂きます(※最小オーダーロットがあります)。

私たち工場でつくる難燃毛布の

日本製ならではのこだわりについて:

>>詳しくはこちらをクリック

​阪九フェリーの客室でも採用されている規格の毛布です!

嬉しいことに、丈夫であたたかいと好評を得ています。

​オリジナルのネームや刺繍も入れられます。

​(財)日本防炎協会のネームも縫製可能。

© 2019  Blanket Factory "Foresta" created by MORIYA KEORI CO.,LTD.

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram