​マイヤー毛布とは

カールマイヤー社の経編み機械を使ってつくる毛布なので、

その社名に由来してマイヤー毛布と呼ばれています。

 

本来はこのカールマイヤー社の編み機はレースを編むための機械でした。

日本人が好む、肌触りの良いふわっと柔らかい毛布をつくるため、

このカールマイヤー社の経編機を改良して、日本独自のマイヤー毛布は開発されました。

company3-min.jpg

マイヤー毛布は、パイル部分と地糸部分に分かれています。

そのため、ボリュームがあり、

ふわふわの風合いが生まれるところが特徴です。

直接肌に触れるパイル糸がふんわり立っていて、それを底部にある基布(地糸部分)が支えます。

毛足の長さは様々に変えることができ、幅広い用途にて使用可能です。

 

例えば、毛足が長くてふわっとボリュームがたっぷりの合わせ毛布は、空気をたくさん含むため保温効果に優れています。暖房をつけなくてもそれだけで快適に過ごせる厳しい冬の強い味方に。

他には、布団とのセット使いでも冬は布団の下に入れて直接肌に触れるように使われたりします。

それにより、布団に入るときのひやっと感がなくなります。さらに、伸縮性があり身体によりそってくれるため、“寝具の隙間から暖気が逃げる”ことがなくなり、朝までぽかぽか快適に。

また、綿毛布は少し肌寒いとき~夏場でもオールシーズンにて使用することが出来ます。

また形態安定性が高く、丈夫で長い間使えることもポイントです。

基布でパイルをしっかり縛っているため、パイルが抜けにくいからです。